このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】一般皮膚科でもAGA・薄毛治療はできる? 皮膚科で治療するメリット・デメリットとは

薄毛治療

かねてより主に男性を悩ませてきた薄毛問題。今となってはその薄毛がAGA(男性型脱毛症)の場合、早めに治療を行うことで進行を食い止めることが可能です。しかし、いざ治療するとなるとAGA治療専門クリニックの受診はハードルが高いように感じ、“一般皮膚科で治療を受けられないものか”と考える方は少なくないでしょう。

そこで今回のAGAタイムスでは、AGA治療専門クリニックと一般皮膚科の薄毛治療について説明していきます。一般皮膚科で行うAGA治療の内容やメリット・デメリットを主軸にAGA治療専門クリニックとの違いなどにも触れていくので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

AGA(男性型脱毛症)とは

薄毛治療について紹介する前に、まずはAGAについて詳しく知っておきましょう。

AGAとは「Androgenetic Alopecia」の略語です。若年層にも発症する脱毛症で、AGAには前頭部の額の生え際から薄毛が進行するタイプや、頭頂部のつむじ周辺から薄毛が進行していくタイプ、前頭部と頭頂部の薄毛が同時に進行する混合タイプなどのパターンがあります。

男性ホルモンの一種である「テストステロン」に「5αリダクターゼ」という酵素が結びつくことで、「DHT(ジヒドロテストステロン)」という物質が生成されます。この物質が毛髪の元となる細胞の働きを低下させることで発毛サイクルに乱れが生じ、その結果抜け毛や薄毛を招く病態がAGAといわれているのです。

原因としては遺伝やストレス、男性ホルモンの影響、食生活などがあげられます。AGA治療において重要なことは、薄毛の根本的な原因を探り、早期に適切な治療を施すことです。

AGA治療が受けられる機関とその治療内容

一般皮膚科

一般皮膚科もAGA治療専門クリニックも基本的には「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版(以下、ガイドライン)」に沿った治療を行うため、大きな違いはないと思ってよいでしょう。治療方法としては、主に薄毛の進行を抑制するための内服薬の処方が中心で、人によってはそこに発毛剤と呼ばれる外用薬をプラスするという方向性になることが多いです。また、病院によっては自毛植毛など外科的な治療を施せるところもあります。

AGA治療専門クリニック

AGA治療専門のクリニックでは、AGA治療を専門的に行う医師による診察を受けることができます。上記のような治療に加え、高い発毛効果が期待できる内服薬や発毛有効成分の頭皮注入など、日本ではまだ承認されていない治療も適正な知識と経験のある医師のもとで受けられます。

【そのほかの機関について】
このほかにも、薄毛のケアが行える“育毛サロン”などがありますが、育毛サロンは薄毛の状態を確認し、独自の育毛システムを駆使して発毛を促すことを目的としているため、医療機関のように医療行為や薬剤の処方などは一切できません。そのため、すでに抜け毛が増えていたり薄毛になっていたりして本格的な治療を行いたい方には向いていないでしょう。

AGA治療の種類

AGA治療は大きく「外科治療」「外用療法」「内服治療」の3つに分けられます。 なかでも薬剤を用いる治療法は、比較的高い効果と安全性が期待できるとされています。

主に使用される薬剤の種類やその効果については、以下の通りです。

外用薬:ミノキシジル外用薬
ミノキシジル外用薬は、毛細血管を広げ血液の流れをスムーズにしたり、髪の毛の成長を促す毛乳頭細胞に働きかけ、ヘアサイクル(毛周期)を延長させる働きを持っています。さらに、毛乳頭細胞からつくられる「発毛因子」の産生を促したり、毛乳頭細胞そのものを増殖させたりする働きもあることから、ミノキシジルは発毛させる成分として位置づけられています。
また、髪の毛を生成する毛母細胞の死滅(アポトーシス)を抑制する働きもあります。これによりヘアサイクル(毛周期)の成長期が延長され、育毛及び脱毛抑制への効果が期待できます。
内服薬:フィナステリド、デュタステリド、ミノキシジル内服薬
フィナステリド
フィナステリドには、AGAによる薄毛に影響を与えるとされる還元酵素「Ⅱ型5αリダクターゼ」を阻害する働きがあります。この働きによってテストステロンがDHTに変化することを防ぎ、DHTによって短縮されたヘアサイクルを正常な状態に戻すことが可能です。
ヘアサイクルが元に戻ることで髪の毛が太く長く成長できるようになるため、薄毛になっていた部分の毛髪が回復していきます。しかし、乱れたヘアサイクルが正常な状態に戻るにはある程度時間がかかるため、効果を実感するまでには一般的に6か月程度の連続投与が必要といわれています。
デュタステリド
テストステロンをDHTに変化させる5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があり、フィナステリドはⅡ型5αリダクターゼを阻害する働きがある一方、デュタステリドはⅡ型に加えⅠ型も阻害する作用があります。
さらに、Ⅱ型5αリダクターゼに対するデュタステリドの薬理作用はフィナステリドの3倍であり、フィナステリドと比べ1.6倍の増毛効果があるとされています。
ミノキシジル内服薬
ミノキシジル外用薬と同様に“発毛剤”という位置づけになりますが、頭皮に直接塗布する外用薬とは異なり、血中より毛球部分にある毛乳頭を辿って効果をあらわします。そのため、外用薬よりも高い発毛効果が期待できると考えられています。
薄毛改善に効果が期待できるミノキシジル内服薬ですが、国内において臨床試験が行われていないことから、薄毛治療薬としては推奨されていません。しかし、適正な知識と経験のある医師のもとで処方されるのであれば、有用な治療薬といえます。

一般皮膚科で受けるAGA治療のメリット・デメリット

一般皮膚科で行うAGA治療の流れ

先ほどすこし説明した通り、一般皮膚科でのAGA治療は主に薄毛の進行を抑制する「フィナステリド内服薬」を用いたものがほとんどです。初診で1か月分の薬を処方し、服用の経過を見て再診時に何ら問題がないと判断した場合は継続して処方するという流れが多いでしょう。

一般皮膚科が中心的に扱っているのは、主にニキビや皮膚の腫瘍、アレルギー性疾患、免疫疾患、感染症の治療など皮膚疾患の治療です。そのため、AGAの治療経験が豊富な医師が必ず在籍しているわけではありません。どうしても一般皮膚科で治療を受けたいと考えるのであれば、その点についてもあらかじめ問い合わせてから診察を受けた方がスムーズに治療を始められます。

メリット・デメリット

【メリット】
AGA治療専門クリニックは外科や麻酔科など他科の医師がみていることも少なくないのに対し、一般皮膚科は皮膚に関して知識が豊富な医師が診察します。髪の毛だけでなく頭皮の状態も気になる、また皮膚疾患を伴う薄毛である可能性が考えられる場合などは一般皮膚科のほうがスムーズに治療がしやすいでしょう。
また、AGA治療専門クリニックは敷居が高いと感じる方や馴染みの一般皮膚科でAGA治療を行っているという場合には、あまり身構えずに受診できるという点もメリットとしてあげられます。
【デメリット】
AGA治療専門クリニックでは、海外で降圧薬として使用されているミノキシジルのタブレット(内服薬)の処方、毛髪の成長因子を注射するHARG療法、海外の安価なミノキシジル外用薬の処方など、日本では未承認の治療も医師の厳重な管理のもと行っています。しかし一般皮膚科は薄毛治療に特化していないため、そのような踏み込んだ治療は行えません。
AGA治療専門クリニックの場合、薄毛というセンシティブな問題に患者がなるべくストレスを感じないよう、病気だけでなくメンタルケアも徹底できる診察環境であったり、プライバシーに配慮した環境づくりを徹底している病院が多くあります。対して一般皮膚科の場合は他の目的で集う患者が多くいるため、その点においてのプライバシーは配慮されていないことがほとんどです。
「薄毛の治療で来ていると思われるのが嫌だ」「調剤薬局で薬の説明を大きな声でされたらどうしよう」など、さまざまな不安を感じる方には向いていないかもしれません。

本格的な治療、通いやすさを選ぶならAGA治療専門クリニック

一般皮膚科でもAGA治療専門クリニックでも、基本的なAGA治療薬は処方されます。また、どちらにおいても薄毛治療自体は自由診療であるため病院によって価格設定が異なることはありますが、一般皮膚科やAGA治療専門クリニックという括りによる違いはありません。

しかし、AGA治療専門クリニックであれば豊富な実績に基づいた効果的なアドバイスができたり、ミノキシジル内服薬の処方や毛髪の成長因子を注射するHARG療法など、日本では未承認の医薬品を用いた治療も行えます。

また診察や薬の処方だけでなく、日常生活で行える抜け毛予防のアドバイスや診察時のメンタルケア、プライバシー保護の徹底など、多方面からサポートできるのも心強い点ではないでしょうか。

ただし「今はそれほど薄毛ではないけれど、将来が不安」という方は、ひとまずお近くの一般皮膚科を受診してみるのも一つの選択肢でしょう。一般皮膚科にもAGA治療専門クリニックにも、それぞれにメリットや向き不向きがあります。まずはご自身の薄毛状態や目的に合った病院・クリニックに相談してみてください。

AGAヘアクリニックはAGA治療専門の病院です。全室個室の診察室を完備、完全予約制であるため他の患者様と顔を合わせることがほとんどありません。また、医師との話し声も他の人には聞こえにくい設計となっており、一般的な皮膚科よりもプライバシーに配慮された院内なので薄毛治療が初めての方でも安心しやすい環境です。さらに、遠方で通うのが難しい方のためにテレビ電話を使用したオンライン診療も行っています。 診察や相談は初診に限らず何度でも無料ですので、薄毛が少しでも気になる方はぜひ一度、当院にお越しください。